相続税がかかる財産

相続税

相続税について

相続税がかかる財産

相続税がかかる財産は原則として、経済的な価値があり金銭として見積もることのできるあらゆるものです。
相続を受ける財産としては現金や預貯金、有価証券といったもののほか土地、家屋などの不動産、宝石などのほか貸付金や著作権、特許権などといったものも含まれます。
そのほか相続や遺贈があった時点で取得したとみなされる死亡退職金や死亡保険金など、被相続人が亡くなる3年前までに贈与として取得していた財産、相続時精算課税が適用されている贈与財産も該当します。
なお、被相続人から贈与を受けていて贈与税の納税猶予の特例を受けていた農地や非上場会社の株式、相続人がいないケースで民法の規定にしたがい相続財産法人から取得した財産も、相続か遺贈で取得したものとされて相続税の対象になります。

会社分割で企業再生!!

借金問題、借金相談の無料相談窓口です。

読書感想文の書き方に悩んだ経験はありませんか?

相続税関連情報

相続税がかからない財産

相続税がかからない財産については、こまかく定められているところもあります。
日常礼拝をしている

相続税と交通事故の損害賠償金

相続税の対象として、交通事故の損害賠償金は含まれません。
これは交通事故によって亡くなった方の

相続税と法定相続人の考え方

相続税の対象として、被相続人が亡くなったことによって支払われた生命保険金、損害保険金といったもので、

最新の相続税